7/17/2011

Ueno imperial gift park 3 - 上野恩賜公園(3)

● 本物の客寄せパンダ(上野動物園)

上野動物園へ。

今日は平日、ガラガラと思い気やさにあらず。


ここは特に凄い人出です。

入門ゲートには拡声器を持った警備員が。

《 パンダをご覧になる方は、こちらお並び下さい 》

そうか、パンダが来たんだった。

列ぶ気にはなれないなぁ。



園児の団体と中学生のグループ行動。

ひとが溢れています。

広場にはビニールを広げお弁当を食べる子供達。

日本にも子供ってこんなにいるんだ。

動物半分、人間半分の見物になりそう。




● 俺は田舎のプレーリー

(上野動物園)

人だかりの中にプレーリードッグ発見。

これは可愛い。
お母さん、子供達に大人気です。

それにしてもプレーリー、何故みんながみんなに背を向けているドック?

長い間同じメンバーで狭い檻。

仲が悪いのかなぁ。



どの方向から敵が襲ってきても、すぐ気がつくように円を作る…。

あれって、プレーリードッグだったっけ?




● 三食昼寝付き

(上野動物園)


壮大な平野を群れを組んで突き進むバイソン。

だれもその流れを止めることはできない。

その迫力は大自然そのもの。

子供の頃の私はその映像に圧倒されました。

あれは素晴らしい世界旅行だったか、野性の王国だったか、知られざる世界だったか…。

…いや、あれはバイソンではなくヌーだった。

(;^_^A


新大陸最大の陸上動物、バイソン。

でもここではその巨大な体は檻を狭くするだけ。

哀愁漂ううしろ姿。

思考も麻痺してしまってるんじゃないかと思います。

アメリカバイソン

野性の世界は危険で残酷。

でも動物園というのもまた悲劇のようです。

三食昼寝付き、多くの視線と歓声を浴びる優雅な生活。

動物達が少し羨ましかったですが、そうでもなさそう。

彼らの顔には幸福とは書いてありません。

精気が30%オフ。

ぬるま湯は生きる意欲を奪うのかもしれません。



0 件のコメント:

コメントを投稿