8/25/2011

Ueno imperial gift park 5 - 上野恩賜公園(5)

※いまさらですが、英語訳はしばらく中止します。


● 久しぶりに国立科学博物館へ。

へぇ改装して綺麗になったなぁと思ったら、リニューアル完成は2007年のこと。

まったく、時の流れるのは早いです。

厭になっちゃうよぉ~。


いつのまにかニューリアル

それにしても、やたらと多い中学生。

入場するところを見てると、学校名を言うだけ。

それで無料で入れるらしい。

私も入れてくれないかな。

会社名をいうと安くなることがあるけど、ここはどう考えても駄目そう。

試すまでもありません。





● これはなに様式というのか?

吹き抜けの天井に見とれます。


とりあえず、天井をみる


実は私は建築好き?

写真を撮るようになってから、そう思うようになりました。

人を撮ることはほとんどなく、自然よりは人工物。

ひとりでに高層ビルや橋といった建築物にカメラが向きます。

大学の学部を選ぶ、その時にもまた人生を誤っていたのか。


人生とは階段を登ることである




● 館内は写真を撮って良いものと、悪いものがあるらしい。

カメラマークに×がしてあるものは駄目です。展示物が傷むというより、著作権の関係が多いらしいですが。

恐竜を撮って(注1)


私、化石になってからの方が長いんです


万年時計を撮って(注2)

芝浦電気も作りました

零戦を撮って(注3)

戦争なんてしたくなかった

そして、これは…。

これはなんだ。

江戸時代人のミイラというのがありました。

江戸時代!?ミイラ!?


江戸っ子のミイラ

撮ってから気が付きましたが、撮影禁止でした。

すいません。


注1)フタバスズキリュウ(和名:双葉鈴木竜、学名:Futabasaurus suzukii )は白亜紀後期サントン階(約8500万年前)に日本近海に生息していた首長竜

注2)万年自鳴鐘(まんねんじめいしょう、旧字体:萬歳自鳴鐘)とは江戸時代の発明家、田中久重によって製作された機械式の置時計であ

注3)零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は大日本帝国海軍(以下、海軍と表記する)の主力艦上戦闘機。



● 一通り回ってからレストランに、ロコモコを食べました。


アロハオエ

その後屋上へ。

ハーブ園と太陽発電装置があります。

寂しいなぁ。

屋上菜園とはこういうものか。

ハーブが育つのは何年もかかるわけではないと思うのだけど。

ソーラーパネルはくらい発電しているのだろう?

そちらの方に興味があります。

こじんまり


● 1時間半ほどで博物館を後に。

こんなに狭かったっけかなぁとの感想。

東京国立博物館に比べると、窮屈にすら感じます。

日本では商売にならない科学は扱いが低い。

ノーベル賞でも取らないと話題に上らないし、理系卒業の労働者の給料は、文系卒業の労働者の給料に比べると安い。

理屈が合っています。

日本の国民の価値観がそう決めてるんだからしょうがないです。

21世紀を迎え早10年、日本人にとって科学とは何かを考える人






1 件のコメント: