3/27/2011

Expo Memorial Park ~万博記念公園~

●The tower in the sun was built at the Osaka Expo in 1970. I wanted to see it for a long time in childhood. It is possible to finally see.

年甲斐もなくワクワク。

胸おどらせながらモノレールに乗り込みます。





うわぁ~、もうすぐ見れるんだ!!!

♪\(>∀<)/♪


あと4駅…!あと3駅!!

実物を見たのは2度ほど。

一度は10年ほど前、突然の吹田出張の時。

でも公園の開園時間に阻まれ、格子を握り遠巻きに見ただけ。

あの時の悔しさは生涯忘れないでしょう。

その次はもっと悲惨。

岡山経由で鳥取までドライブした時。

高速を走っていたらいきなり顔を出されびっくり。

でもドライバーは後ろを振り返ることが出来ず、あとは網膜の記憶をたどるだけ。

あぁ、あれから幾年月。

ついに目の当たりにすることが出来る。あと1駅!到着!!



● This is a tower in the sun that Taro Okamoto made.

まずは万博公園のホームから1枚。


So Big!
…で、で、でかい


あぁ、駄目だ。写真ではこの大きさが写らない。

次は駅から公園までのなだらかな坂から。


I want to put it on my garden.
家の庭に飾りたい


そして、公園に入って一枚。



そいつはなんの遠慮もなしにデンとたっていました。


Berabou is to say so.
べらぼうとは、こういうことだ




● I was still a child in 1970. It was the best age of Japan.

EXPO'70。

私は万博を知る世代。

いま思えば日本が一番輝いて時代。

幸せな未来を夢見ることができた頃。

私はまだ小学生。

新しい家に引っ越したばかり。

贅沢もせず、懸命に働く親。

とても大阪に行きたいなんて言い出せませんでした。

大天井があったらどう見えたか。

中にも入ってみたかったなぁ。



● Ancient face, modern face, and face in the future

塔は柵で囲まれています。その回りを一周。


modern face and face in the future
未来の顔、現代の顔



Ancient face
古代の顔



最近、太りました?




ついでに、こんなも


Hedge that feels 40 years
柵に歴史あり




Manufacturing product unexpectedly
継ぎ接ぎ、意外と工業製品


おそらく万博の頃はまだ誰も生まれてなかっただろう家族連れ。

インパクトの強さは伝わっているよう。

なぜか一安心する私です。


● Taro Okamoto is attracting attention recently.

最近また岡本太郎に注目が。

私が興味を持ったのは2002年の頃から。

山梨県立美術館で《 樹人 》を見てからの事です。

他の抽象芸術は訳がわからないで終わり。

でも岡本太郎のそれは、私の心の薇(ぜんまい)を回してくれます。

同じく訳がわからない作品だとしてもです。

表参道へ行って、川崎に行って。縄文式土器に感銘してたと聞けば上野の博物館に行って。

そして遂に一番有名な作品、太陽の塔も目の当たりにできたか…。






● The 21st century that might not come through all eternity

べらぼうだと驚き、唯一無二だと感心する。

私も何かをしたい!と奮いたたせてくれるところは、やっぱり70年代。

でも塔の回りをグルグル回って、最後に思ったことは…。

手持ち無沙汰。

夢見ていた21世紀。

でも結局出来上がったものはケータイぐらい。

浮いて走る車も、宇宙旅行も駄目。

タイムマシンなんて夢のまた夢です。。

あちこち行き詰まってる2011年。

すべてがもう考慮済、抜け出せない閉塞感。

巻かれた薇のエネルギーのやり場は、もうありません。

未だに私達の顔は太陽の塔のお腹の顔。

口をひん曲げた現代の顔。

金色に輝く未来の顔は、いつ訪れるというのでしょうか。

Takaraduka ~ 宝塚 ~

● Surprising spectacle was seen from the car window in the Takarazuka line.

JR宝塚線で三田(さんだ)へ向かう途中。

なんだこれは!? 目を疑う光景が。

山がマンションに占領されている!!

この辺では普通なのか?

写真を撮り損ねたのが残念。

そうだ、帰りに宝塚に降りて、近くで見てみよう。

というわけで翌々日、宝塚で降りてみました。



● The mountain is occupied with the apartment house!!

方向はこっち。

当てににならない自分の方向感覚だけが頼り。

あぁ、あれだ。




やっぱり大きいなぁ。

何世帯分だろう。

でも写真にすると、インパクトなし。

な、な、なぜだ。











マンション下に行きたくても、直線道路はなし。

急な坂、入り組んだ道に阻まれます。

遠い~。

重い荷物はコインロッカーに入れるんだった!!

途中で千吉大神というのを発見。



Senkichi daijin
千吉大神



手塚治虫、虫探しの森?

そう手塚治虫は宝塚で幼少時代を過ごしています。

記念館も休みじゃなければ見に行けたのに。



● Takarazuka is a town on the slope.

ふたたび、マンション探し。

それにしても坂の街だなぁ。

東京も坂の街ですがレベルが違います。

身の危険を感じるほど傾斜急。

住宅もこんな感じです。







かなり近寄りましたが、逆にインパクトが減少。







激闘1時間、諦めて駅に戻ったら、歩道橋の上からこんな写真が撮れました。

なんだ、始めからここに来ればよかった。


La Vista takaraduka
ラ・ビスタ宝塚




● The other side of Takarazuka large theater

せっかくなので宝塚見物。

駅にあった地図を見ると宝塚劇場は河沿いらしい。

観光噴水ってどんなんだろう?行ってみることに。




The fountain is where.
噴水はどこ?




工事中なのか、噴水は形跡すらなし。

残念だなぁ。

でも地図からすると、これが劇場なのだろうか?

裏から見る人は少ないだろうに、私は初めからこれだ。




After all, it is strapping.
やっぱり、でかい




そろそろ、戻るか。

今回の一番の目玉がまだ残っている。

午前中に行けるかな。

橋げたの上り、道路側から駅に戻ります。




Girl who sings on bridge
橋の上で歌う人




なぜか道に行列が。

それも女性ばかりです。

その横を歩いていたら、突然必死の形相で走り出す女性たち。

どうやら開場の時間らしい。

すげぇ~~。

物凄いパワーを感じたので1枚。



Takarazuka power
宝塚の力



ここは花の道と言うらしい。

花壇の合間に花時計やら銅像やらが並びます。

ベンチもオシャレ。

この辺は劇場の納める税金のお陰か?




Rose in Versailles
さすがにこれは知っている





近くのマンションもベルサイユ風。


Paris style apartment house
バルコニーで誰か歌いだしそう



マンホールまで可憐です。


Manhole in Takarazuka
宝塚スタイル


さて、そろそろ時間だ。

本当に移動しなければ。

今度は阪急線に乗り換え、向かうは大阪万博公園です。

3/25/2011

Arima Spa ~ 太閤の湯(温泉/有馬温泉)

● This article was written in Japanese.

Only the point is translated into English.

長文かつ、ニュアンスが微妙なため、今回は日本語がメイン。

英語は最小限のみです。


● I went to Arima Spa.

さて、どうしよう…。

仕事が無事終了、時間があります。

今回は体を休めるつもり。

なので自腹でホテルを予約。

翌日観光しながら、ゆっくり帰ることに。

行きたいところがたくさん。

でもやっぱりこの位置、このタイミング。

ここに行くしかないでしょう。

というわけで有馬温泉に向かいました。

v(^^)


温泉なんて、久しぶり。

中国人観光客が大暴れしてると聞いたけど、どんな感じなんだろう…。



● At night, the passenger was few in the train that toward Arima Spa.

新開地行きにしばらく乗ると有馬口に。

そこから有馬温泉行きに乗り換えます。

と言っても一駅だけ。

乗車客はごくわずか。

この時間に乗っている人はどこへ行く?

私はネクタイに背広、オーバーコートを着て、温泉に向かいます。

(-.-;)


● Arima is an old hot spring.

It is introduced to Makuranosoushi.

It has Gold spring and Silver spring.

有馬温泉は日本三古湯のひとつです。

あの枕草紙にも三名泉として取り上げられていると言うから凄い。

関西の奥座敷と呼ばれてるそうです。

泉質は大きく3つ。

含鉄強食塩泉、ラジウム泉、炭酸泉。

褐色の含鉄強食塩泉は《金泉(きんせん)》、 ほかは《銀泉(ぎんせん)》と呼ばれているらしい。

その名もずばり金泉、銀泉という銭湯があるらしいけど、この格好だからなぁ。

ロッカーとかなかったら大変だし…。



The following are Arima Spa Stations.
次は有馬温泉駅



有馬温泉駅に到着。

えっ!?

なぜか駅を高層マンションが取り囲んでます。

来るところ間違えた?

いや、いやここでいいはずです。

刻一刻と闇に染まる温泉街。

観光もしたかったけど無理か。

とりあえず適当に歩こう。

するとこんなオブジェに遭遇。

う~む、これが秀吉の像?

ずいぶんと控え目な男に見えるが。




How taciturn Hideyoshi is.
無口な秀吉像



ねねの像に至っては、暗くて見えません。

やっぱり観光は諦めよう。



Dark side Nene.
実態不明のねね像



そのまま坂を上り(ずいぶん急だなぁ)、目的地に着きました。


Arima view hotel.
豪華、有馬ビューホテル


あの~ぉ、この割引券使いたいんですけど。

二日間大事に持っていた《お試し90分、1200円》券をフロントで示す私。

入口はホテルの奥になります。

あっさりかわされました。

あらあら。

このホテルの施設というわけじゃないんだ。

行きたいのは太閤の湯。

ホテルと直接つながってはいないらしい。

坂道を登ってたどり着いたのがここです。

なんか千と千尋、お湯やという感じがして素敵です。



Spirited Away!?
名前を忘れぬように


早速中へ。(ここから先の写真は、オフィシャルページからお借りしてます)


●Taikou no yu has 24 Large bathtub.

システムは普通のクワハウスと同じ。

下駄箱の鍵をフロントに預け、室内着(3色あり)を選び、ロッカーキーを貰う。

ロッカーで一度室内着に着替えてから、風呂でも、食事でも、ご自由にです。

24種類の温泉・岩盤浴が楽しめるという太閤の湯。

まずは大浴場へ。

入口右手に銀泉、岩清水風呂。水風呂です。

なぜいきなり水風呂と思ったら、大きな岩盤浴サウナがあったらしい。

気が付きませんでした。




Water Spa.
岩清水風呂、君のためなら死ねる


左手に曲がって大浴場。

館内はかなり広いですが、大浴場は拍子抜けするほど、こじんまりしてます。

湯舟が3つあるだけ。


奥の褐色の湯へ。

これは天下の湯と言うらしい。

案内板を読んでびっくり。

なんと、これは金泉と銀泉のブレンド湯。

しまった、最後にとっておけばよかったか。

あまりに久しぶりの温泉。

体が戸惑っているよう。

普通の湯と変わらなく感じます?

縄文の湯の方がいいかも。

(そう、まだその時はこの湯の凄さに気付いてませんでした)



Tenka no yu is mixed Gold spring and Silver spring.
天下の湯、銅泉はないのか


一応、銀泉くつろぎの湯(半身、全身)にも浸かりました。

なんか物足りないなぁ。


● 上に行けるらしい。

長い階段は苦にならないが、裸というのは心細い。

ここは露天風呂の階か。

この時間(20時過ぎ)のためか、ひとも疎ら。

ハーブ湯に入って



Herb spa.
今日の何ハーブ?


ねねの遊び湯に入って



Nene's spa.
なぜかプールのにおいがする


最後に五右衛門風呂入って


Goemon spa.
お湯が注がれるだけ


もう終り。(岩風呂は混んでたのでパス)

しまった、まだ30分しか経っていない。

(;^_^A


● Do not forget the bedrock bathing.

一度室内着になって館内をウロウロ。

お土産屋広い!

ドクターフィッシュ足湯だ!

お食事処ほとんど閉まってる!

残念残念残念。

もう一度浸かってから帰ろうとしたら、岩盤浴を忘れてることに気付きました。

有料が2種類と無料(30分のみ)のものがあるとのこと。

無料を試してみました。


申し込むと別の岩盤浴用のムームー(室内着とあまり変わりがない)とタオル、それに新たなリストバンドをくれました。

2重のリストバンドとは珍しい。

奥は混んでいるので、入口すぐのところに寝転びます。

なぜここは誰もいない?

岩盤浴というより低温サウナか。

10分も経つと顔から玉のような汗が。

LaQuaの再現。

頬が緩むとはこういうことかも。

表情が豊かになりそうです。

さて、そろそろ引き上げよう。




I want to live here.
ここに住みたい



● The body has gotten warm. Moreover, let's come.

帰りの電車の中。

体の異変に気付きます。





全身がポカポカ。

オーバーコート暑い!

坂道の登り下りせいかとの思いきや、どうやら違うみたい。

駅で$定食を食べてもポカポカ。

ホテルの部屋でビールを飲んでいてもポカポカ。

う~ん、これは金泉銀泉のお陰に違いない。

きっとお湯の基本性能が違うんだなぁ。

ここまで保温が持続されるとは、どのような物理作用なのか…。

その謎を解くためにも次はノンビリ、泊まりがけで行きたいものです。